【度あり・度なし】人気のオトナ可愛いカラコンの通販サイトWEEKENDSHOP(ウィークエンドショップ) / 【CONTENTS05】安全なカラコンって何?買う前に知っておきたいカラコンの知識

人気カラコン通販TOP > 【CONTENTS05】安全なカラコンって何?買う前に知っておきたいカラコンの知識
会員登録するだけで今すぐ使える300円分のポイントプレゼント!

【会員限定】ポイントでお得にカラコンお買い物♪
クーポン情報も配信中!

カラコン 商品一覧
dooonut(ドーナツ)
AIDA(アイダ)
ハーフ系カラコンFRESH3トーン

DIAから探す

色から探す

価格から探す

レンズスペックから探す

カラコンタイプから探す
学校や会社でも使えるナチュラルカラコン

学校や会社でも可愛く盛りたい♪
オトナの方にもオススメな、バレないナチュラルカラコンが揃ってます!

発色バツグンのハーフEYE

なりたいのは、憧れの外国人顔。
個性的でかっこいいハーフアイズになるなら、高発色カラコンで!

しっかり盛る派に♪フチありカラコン

これぞ整形級!
太フチカラコンで、がっつり盛りたい!

雑貨

お友達に紹介すると1,000円分のポイントGET!

WEEKENDSHOPをお友達に紹介すると1,000円分のポイントが貰えちゃう!

カラコン連載コラム公開中!
カラコン通販WEEKENDSHOP連載コラム

安全なカラコンって何?
買う前に知っておきたいカラコンの知識

Colorcon_main01

自分の目に合った安全なカラコンを選ぶために、まずは自分の目の状態を確認すると良いでしょう。

目に合わないカラコンを使用していると、視力の低下やドライアイなどを引き起こしたり、レンズがズレて目に傷をつけてしまうことがあります。
そのため、視力やカーブ、ドライアイかどうかなどを知った上で適切なカラコンを選ぶことをおすすめします。
またカラコンの洗浄や取扱いは必ず説明書に従い、健康でキレイな瞳を守りましょう。

安全なカラコンとは?

Colorcon_05

カラコンを安全に使用しておしゃれな目を楽しむために、3カ月に1回、定期的な眼科医への受診をおすすめします。

日々の生活や目に入る小さなゴミなどによって視力の変動があったり目の角膜に傷が付いてしまったり、私たちの目はなにかとデリケートです。

これらに気づかず症状を放置したまま度の合わないカラコンやしっかりと洗浄されていないカラコンを使ってしまうと、視力が悪くなってしまったり、傷から細菌が侵入して炎症を起こしてしまったりするなど、さまざまな恐れがあります。定期健診をきちんと受けて、自分の目に合った清潔なカラコンを使用してください。

安全な外し方

Colorcon_06

目を触るので、レンズを外すときには、レンズや目を傷つけないように爪を切っておきましょう。そして目の病気にならないよう汚れや雑菌を手を洗ってしっかり落とし、清潔にします。

外し方は、斜め上方向を見て下まぶたを引き下げ、レンズの下側を両指で挟むようにして外します。
レンズが外れない場合、無理に外すと角膜がはがれてしまうので、まばたきをするか、目薬をさして目を潤してから外しましょう。

それでも外れない場合は眼科にいって外してもらった方が良いです。ドライアイの場合、装着する前に「装着液」というものを付けると外す時にスムーズに外すことが出来ます。

安全な洗浄方法と保存方法

Colorcon_07

コンタクトを外した後汚れをそのままにしておくと、かすんで見えにくくなったり付け心地が悪くなるだけでなく、眼障害をおこす危険があります。

装着後はしっかり洗浄、保存しましょう。まずコンタクトを外したら、手のひらにのせ、洗浄液をたらし、人差し指でこすり洗いをします。
こすり洗いをしたらすすぎ液で両面をすすぎます。清潔にしてあるレンズケースに保存液を入れ、しっかりキャップを閉めて大体5時間以上は保存洗浄します。

また、かすみがひどくなってきたり、よく乾燥するなと感じるようになったら、タンパク除去剤を併用するのをおすすめします。

取扱い時の注意

Colorcon_08

コンタクトを使う場合、決められた装着時間、洗浄、消毒、保存方法をそのコンタクトに合わせて守ることが必要です。
装着時間はその製品によって厚生労働省の承認の際に決まっているので、そのレンズに合った装着時間を守り、その時間内でも目に違和感があったら外すようにし、乾燥したと感じたら目薬をさすようにしましょう。

カラコンは水分を含んでいるので、乾燥すると形状がかわったり、傷つくため、必ず保存液につけておきます。寝るときはまばたきをしないので、目の酸素不足になりやすいので、寝るときは外しましょう。
また、友達同士で貸したり借りたりする事は絶対にやめましょう。